協定書や愛称が書かれた紙を手にする鹿沼商工会議所の木村会頭(中央左)と関東自動車の吉田社長(同右)ら関係者

 【宇都宮・鹿沼】関東自動車と鹿沼商工会議所は6日、「シウマイによるまちおこし」に取り組む鹿沼と「餃子(ぎょーざ)の街」宇都宮両市を結ぶバス路線「長坂新鹿沼線」の愛称を「シウマイ餃子ライン」と命名し、食べ物をテーマとした観光モデル事業に乗り出すことを明らかにした。両者は同日、宇都宮市簗瀬4丁目の同社で路線バスを活用したまちおこしに関する連携協定を締結。路線の利用拡大と、鹿沼市内への観光客誘致を目指す。