店の「顔」という「野菜畑のバーニャカウダ」。「黒毛和牛のステーキ」(奥)なども店長の自信作だ

 東武馬車道通りのビル2階にあるビストロ風の店。2011年12月ごろオープンした。店内はカウンターとテーブルの計24席と、程よい「リトル」さ。仲間同士、気軽に普段の夜を楽しめる。

Web写真館に別カットの写真

 2代目店長の桧山尚也(ひやまなおや)さん(29)が、まず勧めてくれたのが「野菜畑のバーニャカウダ」(税抜き850円)。ガーリックがしっかり利いたソースで色とりどりの野菜を頬張る。店の「顔」ともいえる人気メニューだけあって、うん、間違いないシャキシャキ感だ。

 続いては「ホワイトコーンの冷製スープ」(同300円)。砂糖を使わず、素材の味をシンプルに味わえる。「ホワイトコーンって、こんなに甘いんだ」と驚かされたところで、「黒毛和牛のステーキ」(同1480円)を頂く。ランプ肉のボリューム感がリッチな満足感を与えてくれた。

 「家庭ではあまり扱わない素材も織り交ぜ、ちょっと良い物をお手頃に提供しています」と桧山さん。この店のスタッフを経て店長を任された。「僕に料理などを仕込んでくれた人たちには感謝しかない」と仕事に没頭する。

 お酒はビール、ワイン、ハイボールなど定番が約20種。さらに「その幅広い魅力を伝えたい」と、桧山さんの目利きでそろえた30種ほどのテキーラも特徴だ。

 ◆メモ 宇都宮市江野町6の6 井上ビル2階▽営業時間 午後6時~午前1時▽日曜(月曜が祝日の場合は日曜は営業)▽(問)028・632・1013