くわ入れを行う江連理事長(右)、広瀬市長(中央)ら

 【下野】県土地開発公社は1日、下坪山、花田、絹板地域で整備を進めている「しもつけ産業団地」の造成工事の起工式を現地で行った。

 同団地は市が事業化を要請し、同公社が整備を進めている。面積は約33・3ヘクタール(分譲面積約24・3ヘクタール)で、6区画(2・64〜7・40ヘクタール)ある。北関東自動車道の宇都宮上三川インターチェンジまで約14キロに位置し、新国道4号に隣接する。総事業費は約50億円。