記者会見に臨んだブレックスの佐々新監督=県庁記者クラブ

  昨季Bリーグの年間王者となった宇都宮ブレックスの新監督に就任する佐々宜央(さっさのりお)氏(38)が30日、県庁で記者会見した。佐々氏の冒頭のコメントと一問一答の詳細は次の通り。

 「本日はお集まりいただきありがとうございます。2013年に初めてブレックスで仕事させてもらい、まさかこんな日が来るとは。約10年前には思いもしなかった。今でもちょっと驚きと、『現実なのかな』という思いを持ちながら毎日を過ごしています。正直、昨季優勝してから安斎竜三(あんざいりゅうぞう)ヘッドコーチ(HC)が辞めるということが決まり、僕も町田洋介(まちだようすけ)アシスタントコーチも驚きを隠せないところがあった。本当に今回の決断に至るまで迷ったところもあった。たやすい仕事ではないので。でも鎌田真吾(かまたしんご)ゼネラルマネジャー(GM)や今いる選手とも相談しながら、このチームでやはり仕事したいなと思い決断に至りました」

 -監督就任の決断に至った理由は。