バレー部顧問教諭による体罰について謝罪する宇都宮市教委幹部=10日午後3時すぎ、宇都宮市役所

 宇都宮市教育委員会は10日、市内中学校の男子バレーボール部顧問を務める男性教諭(52)が、3年と2年の同部主力メンバー6人に、頬を平手打ちするなどの体罰を加えていた、と発表した。体罰は昨年8月から約1年間にわたっており、延べ13回に上るという。男性教諭は、過去にも同様の体罰で懲戒処分を受けていた。今後、県教委が処分を決定する。