U字工事の寄付を受けて購入する電気自動車のパネルを掲げる福田知事=28日午後、県庁

U字工事の寄付を活用して購入する電気自動車のパネルを手にする県職員。手前は外部給電器=28日午後、県庁

U字工事の寄付を受けて購入する電気自動車のパネルを掲げる福田知事=28日午後、県庁 U字工事の寄付を活用して購入する電気自動車のパネルを手にする県職員。手前は外部給電器=28日午後、県庁

 とちぎ未来大使を務める栃木県出身のお笑いコンビ「U字工事」がクイズ番組で獲得した賞金全額300万円を県に寄付し、県はこれを活用して電気自動車(EV)と外部給電器各1台を購入することになった。福田富一(ふくだとみかず)知事が28日の定例記者会見で明らかにした。

 寄付金は、5月20日にテレビ放送されたクイズバラエティー番組でU字工事が全問正解し、獲得した賞金。「災害対策に役立ててほしい」と、県へ全額寄付の申し出があったという。交流サイト(SNS)上には「カッコよすぎます」「栃木の誇り」など、称賛のコメントが相次いだ。

 購入車両は日産「リーフ」。避難所の非常用電源となる「走る蓄電池」としての活用を見込む。福田知事は「2人の古里に対する思いに心から感謝している。今後も県の代表として活躍してもらいたい」と述べた。