放牧場で瀬尾さん(奥)の説明を聞く学生たち

 【茂木】放牧主体に肉牛を生産している小井戸、瀬尾ファームのブランド牛「もてぎ放牧黒毛和牛」を町の活性化につなげようと、日本大生物資源科学部の学生と教員が25日、同ファームの牧場を現地調査に訪れた。ゼミ学習の一環として、時代に合った肉牛生産の魅力を学び、イベントなどを通じ今後ブランド力強化を支援するという。