広瀬市長

 定例市議会の最終日、今期限りで引退する広瀬寿雄(ひろせとしお)市長が閉会のあいさつに立った。

 広瀬市長は3町合併による下野市誕生、新庁舎完成、道の駅しもつけオープン、東日本大震災、新型コロナウイルス感染問題などを挙げながら、市長在任の4期16年を「下野市のまちづくりに全身全霊を傾けた」と胸を張った。