のぼり旗を持つ高野理事長(左)と協力する栗田さん(中央)、郷住職

26日に開く閻魔市のポスター

のぼり旗を持つ高野理事長(左)と協力する栗田さん(中央)、郷住職 26日に開く閻魔市のポスター

 【大田原】市内のNPO法人ナチュラルは、毎月第4日曜に開いている「おおたわら日曜あさいち」を、今月26日の開催分から「閻魔(えんま)市」として開く。会場の山の手1丁目、山の手整骨院の駐車場に隣接する洞泉院(とうせんいん)が協力し、開催日に同寺が祭る閻魔像を特別開帳する。同法人の高野正希(たかのまさき)理事長(55)は「歴史ある寺への参道として朝市をつなげることで、まちを活性化していきたい」と話している。

 あさいちは午前8時〜午後1時。(問)同法人0287・24・0990。