小山城南中でオペラの名曲を歌う森谷さん

小山城南中でオペラの名曲を歌う森谷さん

小山城南中でオペラの名曲を歌う森谷さん 小山城南中でオペラの名曲を歌う森谷さん

 小山市出身で小山評定ふるさと大使のオペラ歌手森谷真理(もりやまり)さん(44)が1日、母校の小山城南中を訪れ、生徒約680人の前でオペラの名曲を披露した。

 国内や欧米で活躍する森谷さんは、天皇陛下の即位を祝い2019年に行われた「国民祭典」で国歌独唱した経歴を持つ。子どもたちの心に残る経験をさせたいと、同校が森谷さんに依頼し、新型コロナウイルスの影響を経て3年越しに実現した。

 森谷さんはヘンデル作曲「オンブラ・マイ・フ」、プッチーニ作曲「私が街を歩けば」など5曲を表情豊かな声で歌い上げた。オペラ歌手を目指した経緯や大事にしている言葉など生徒からの質問にも、一つ一つ丁寧に回答していた。

 3年松尾后紘(まつおみひろ)さん(14)は「進路に悩んでいたが、森谷さんの『自分の背中は自分で押す』という言葉が胸に刺さった」と晴れやかな表情を見せた。森谷さんは「生徒たちの目がきらきらしていて勇気をもらった」と笑みを浮かべた。