真剣なまなざしでモニターを見ながら鉗子を動かす受講生

 【大田原】国際医療福祉大は8日、北金丸の大田原キャンパスで体験型学習イベント「第9回キッズスクール」ヘルスケア・ジュニアリーダーズコースを開き、市内外の小中学生117人が楽しみながら医療福祉の仕事を学んだ。

Web写真館に別カットの写真

 市と市教委との共催で、小学5、6年生と中学1~3年生が9種のプログラムを受講。中学生は、救急患者を発見したという想定で、人形を使った心肺蘇生から超音波(エコー)検査、内視鏡外科手術までの一連の流れを模擬体験した。