黒羽の旬の味を楽しめる「芭蕉御膳」

 【大田原】句碑めぐりで訪れる観光客らを味でもてなそうと、鮎(あゆ)の創作料理などを手がける前田のそば店「禅味一笑(ぜんみいっしょう)」が29日から、地元の旬の食材をふんだんに使った「芭蕉(ばしょう)御膳」の提供を始める。6月末までの土、日曜限定で各日10食。メニューを考案した店主の清矢彰(せいやあきら)さん(65)は「芭蕉さんをもてなしたであろう、この時季の川と山の恵みが詰まっています」と話している。

 店は国指定重要文化財の大雄寺の門前にあり、近くには芭蕉が計8日間宿泊した浄法寺邸跡や、黒羽城址(じょうし)公園、黒羽芭蕉の館もある。芭蕉目当ての客が立ち寄ることも多かったが、これまでは芭蕉にちなんだ料理を提供していなかった。

 芭蕉御膳は計6品で1300円。ともにハーフサイズの「若鮎のかば焼き丼」「精進そば」を中心に、同店特製の鮎みそで味わうジャガイモとこんにゃくの田楽、地場産野菜サラダに加え、フキや水菜など旬の山野菜を使った小鉢が二つ付く。清矢さんは「もしもお客さんが芭蕉さんだったならば、と想像して作ってみた。黒羽の旬を味わってほしい」と話している。

 営業時間は午前11時~午後4時。不定休。芭蕉御膳は平日と夜間も事前予約で対応可。(問)同店0287・54・4454。