4月に行われた未成線「長倉線」ツアーで記念写真を撮る参加者。町は今後のツアー販売に向けて準備を進めている

 【茂木】町はウィズコロナ時代の観光需要に対応し、着地型旅行商品を効率的に販売するため、地域限定旅行業の一般社団法人「もてぎニューツーリズム」を26日、町商工観光課内に設立した。旅行業登録を経て、資格を取得した町職員3人が事業を行う。県観光交流課によると、県内4市の観光協会などが旅行業を行っているが、自治体職員が通常業務と兼務して旅行業を行うのは県内で初めて。

 地域限定旅行業は、地域の観光資源の活用を促進するため、2013年につくられた登録種別。ツアーを催行できる範囲が、拠点がある市町村と隣接市町村などに限られるが、旅行商品販売に参入しやすい。