» 動画ページへ

水田とのコントラストが鮮やかな黄金色の麦畑=25日午前10時25分、小山市白鳥、小型無人機から

 ビールの原料となる二条大麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」の季節を迎え、全国有数の産地である小山市では、収穫が進んでいる。

 JAおやま生井地区耕種部会は25日、作付面積約2・7ヘクタールのうち約87アールで作業を行った。部会員の川俣真男(かわまたまさお)さん(68)は「天気に恵まれ順調に育ってくれた。暑い夏にビールをたくさん飲んでほしい」と笑顔を見せ、青天の下、大型コンバインで1時間ほどかけて刈り取った。今年の作柄は例年並みという。

 収穫した麦は市内で乾燥させた後、大手ビールメーカーに出荷される。同JA管内では昨年とほぼ同じ約4800トンの収穫量が見込まれている。刈り取りは6月上旬まで行われる。