宇都宮地裁

男性客が転落死した遊具のイメージ図

宇都宮地裁 男性客が転落死した遊具のイメージ図

 那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」で2019年8月、男性客が遊具から転落死した事故で、業務上過失致死罪に問われた元従業員2人の初公判が23日、宇都宮地裁(楠真由子(くすのきまゆこ)裁判官)で開かれ、2人は起訴内容を認めた。検察側は「遊具の構造上、事故発生の危険は容易に想像できたのに注意義務を怠った」として2人に禁錮1年を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求め、即日結審した。

 元従業員の2人は、現場責任者だった高根沢町、会社員の男(51)とアルバイト係員だった当時19歳の大田原市、大学生の男(22)。

 事故があったのは、施設内にある高さ約5メートルの足場から1~3メートルほど離れたポールに飛びつく遊具。

 検察側は論告で、会社員の被告は採用後間もない大学生の業務の習熟具合を確認せずに単独で働かせ、「大学生の過失を誘発した」と指摘した。大学生については命綱の接続を怠れば転落は容易に想像できたとし、過失の重大性を説明した。

 また、検察官は「子どもの成長を一緒に感じたいが、幸せな日々は二度と戻らない」などとした男性の妻の陳述書を読み上げた。

 一方、弁護側は従業員不足などを挙げ「事故の根本的要因は施設の利益優先の体制にある」と強調した。

 起訴状は、19年8月5日午前11時50分ごろ、会社員の被告は大学生を単独で働かせ、大学生は客の相模原市、自動車板金塗装業の男性=当時(51)=に安全確保のための装備の接続を失念し男性を転落死させた、としている。