共同記者会見した福田知事(写真左)と小林社長=23日午後、東京都千代田区

 栃木県と古河電気工業(東京都千代田区)は23日、10月開催の「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」でともす炬火(きょか)の燃料の一部に、同社が開発した環境配慮型の新燃料「グリーンLPガス」を使用すると発表した。

 同燃料は、県内の牛のふん尿を原料に、県畜産酪農研究センター(那須塩原市)で生産したバイオガスから製造する。同燃料の実用化に向けた実証実験の第一段となる。