2回、作新の菅原が左前に適時打を放つ=清原

8回、作新の武藤が本塁打を放ち、笑顔で生還=清原

2回、作新の菅原が左前に適時打を放つ=清原 8回、作新の武藤が本塁打を放ち、笑顔で生還=清原

 第74回春季関東地区高校野球大会第2日は22日、宇都宮市の清原、県営両球場で2回戦を行い、作新学院(栃木1位)は八回コールド10-3でつくば秀英(茨城2位)に勝利した。

◆WEB写真館はこちら

◆イニング速報はこちら

 作新学院は初回に先制し、二回に4点を挙げるなど得点を積み重ねた。四回には3点を返されたが、以降は守り切った。

 作新学院は大会第4日の24日、県営球場で午後0時半から、市船橋(千葉1位)-山村学園(埼玉2位)の勝者と対戦する。