運行を開始する移動図書館車「とっくん号」

 【益子】町は28日、町内各地を巡回して本の貸し出しや返却を受け付ける移動図書館車「とっくん号」の運行を始める。町在住の絵本作家いわむらかずおさんが車両のデザインを手がけ、「14ひきのシリーズ」のねずみの家族が描かれている。町中央公民館図書室を利用することが難しい町民にも図書を届けようと導入した。

 とっくん号は、ワゴン車の荷室に本棚を設置し、500~800冊程度を積むことができる。移動図書館用に購入した図書のほか、図書室の本も活用する。導入費用は560万円で、そのうち510万円は一般財団法人自治総合センターの助成金で賄う。