前半7分、先制のミドルシュートを決めるヴェルフェ矢板のMF関(左)=県グリーンスタジアム

 サッカーの第102回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催)は21日に開幕、各地で1回戦を行い本県のヴェルフェ矢板(関東2部)は山形県代表の長井クラブ(東北2部)に7-0で快勝し2回戦進出を決めた。ヴェルフェの天皇杯での勝利は、初出場した2009年の第89回大会以来。

 ヴェルフェは前半7分にMF関敏史(せきさとし)のゴールで先制。14分にMF藤田竜成(ふじたりゅうせい)のPKで2点目を奪い、32分にも藤田のゴールで加点した。その後も攻撃の手を緩めず前半だけで5得点。後半も2点を追加し、守備陣は最後まで失点を許さなかった。

 2回戦は6月1日午後6時から、神奈川県平塚市のレモンガススタジアム平塚で湘南(J1)と対戦。2回戦が初戦となる栃木SCは同日午後7時から、岡山(J2)と岡山市のシティライトスタジアムで対戦する。