栃木県庁

 LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」について、県が9月に導入する方針を固めたことが20日、県関係者への取材で分かった。県内市町長が出席する24日の会議で、県執行部が方針を説明する。

 福田富一(ふくだとみかず)知事が20日、県議会最大会派のとちぎ自民党議員会の幹部に方針を伝えた。

 県関係者によると、制度導入により性的少数者のカップルが公営住宅に入居できるようになるほか、病院での面会で親族と同等の扱いが認められるようになるという。