学校別対抗で優勝した作新

 三重県を中心に岐阜、静岡、愛知、和歌山の5県で開催されている全国高校総体(インターハイ)のボクシング競技は7日、岐阜市のOKBぎふ清流アリーナで各階級の決勝を行い、ライトフライ級の堀川龍(ほりかわりゅう)(作新)が初優勝を飾った。作新勢はほか2選手も準優勝し、出場選手の成績を点数化した学校対抗の部でも1998年の四国総体以来、20年ぶり7度目の栄冠に輝いた。