宇都宮清原球場

 第74回春季関東地区高校野球大会は21日、県営、清原両球場で開幕し1、2回戦5試合を行う。県勢は本県3位の青藍泰斗が午前9時からの1回戦で銚子商(千葉2位)と、本県2位の佐野日大は午後2時からの2回戦で前橋育英(群馬1位)との初戦に臨む。会場はいずれも清原球場。

 佐野日大は3大会連続11度目、青藍泰斗は4年ぶり11度目の出場。2年連続29度目の出場となる本県1位の作新学院は22日の2回戦が初戦で、午前10時から清原球場でつくば秀英(茨城2位)と戦う。

 会期は29日までの延べ6日間で決勝は29日。新型コロナウイルス対策を徹底した上で一般客の観戦もできる。各会場で入場券を販売する。