記者会見する早川市長

 【足利】早川尚秀(はやかわなおひで)市長は20日の定例記者会見で、北部の山間部の地域資源を生かしたサイクルツーリズムを推進する考えを明らかにした。名草、松田両地区など峠のある地域でヒルクライムを楽しむサイクリストが年々増加していることを受け、自転車の走行路に観光スポットへの来場を促す誘導看板や、走行時の危険を回避するための案内標識を設置する。飲食店などの協力店舗も募り、自転車を収容する木製のサイクルラックや、フォトスポットを置いてもらうなど受け入れ環境を整備していく。

 多くのサイクリストを市内に呼び込み、自転車を楽しむだけでなく、市内のさまざまな場所に立ち寄ってもらい、まちおこしにつなげる狙い。

 アドバイザーに自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」を迎え、効果的な看板の設置場所やイベント開催のノウハウなどについて助言してもらう考え。今後、自転車文化を生かしたまちづくりの協定も結ぶという。