宇都宮地方気象台は7日午後5時53分に「台風第13号に関する栃木県気象情報」を発表した。強い台風第13号は、8日から9日にかけて暴風域を伴ったまま本県に接近するおそれがあり、8日夜のはじめ頃から雷を伴い激しい雨の降るところがあるという。同気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒、注意するよう呼び掛けている。

 県内では、台風の接近により、8日夜のはじめ頃から9日にかけて、雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨の降るところがある。

 8日午後6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多いところで、

  北部 120ミリ

  南部 100ミリ

 の見込み。

 8日午後6時から9日午後6時までの24時間に予想される降水量は、多い所で、200~300ミリの見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒、注意を呼び掛けている。また、8日昼過ぎからは、落雷、突風にも注意が必要だという。

 8日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

  北部 12メートル(25メートル)

  南部 13メートル(25メートル)

 の見込み。