【宇都宮】第6次市総合計画に基づき、市が2023年度から5年間に取り組むべき政策について議論してきた市議会の総合計画調査特別委員会(小林紀夫(こばやしのりお)委員長)は19日、市に提言する報告書をまとめた。6月中に熊本和夫(くまもとかずお)議長から佐藤栄一(さとうえいいち)市長に提出する予定。策定中の改定基本計画に反映させる。