古橋真来

 アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスのFW古橋真来(ふるはしまくる)(28)=日光市出身=が、2022-23年シーズンも契約継続となることが17日、分かった。霧降で躍動するエースの姿を、7季目のシーズンも見られそうだ。

 古橋は日光明峰高、中大を経て16年にバックス入団。国内屈指のスピードと得点感覚で初年度から活躍。ここ4季、得点とアシスト合計のポイント数はチームトップクラスの成績を収めている。

 19-20年シーズンは21点を挙げ、国内チームではトップとなる得点ランキング全体3位。昨季前期は得点1位タイ、アシスト3位タイで、副主将としてもチームを支えた。

 日本代表にも名を連ね、1日までポーランドで行われた世界選手権ディビジョン1B(3部相当)で4戦4得点をマークした。