試合が終了し、肩を落としベンチへ戻る白鴎大の二塁走者・山下=上武大野球場

 関甲新学生野球1部春季リーグ最終節が15日、上武大野球場ほかで行われ全日程が終了した。白鴎大は勝てば優勝の可能性もあったが上武大に0-8と完敗。7勝2敗で2位に終わり、全日本選手権への出場を逃した。

 白鴎大は大一番でエース曽谷龍平(そたにりゅうへい)(秋田・明桜)が先発。四回まで強力打線を1安打に抑えたが、五回に四死球や安打が重なり3失点。八回にも後続が打たれた。打線は7安打を放ち得点圏に走者を進めたが、あと1本が出ず無得点に終わった。

 先に最終節を終えていた作新学院大の順位も確定。3勝6敗で3チームが並んだが、総得点数で9位となり1部残留が確定した。