バレーボール女子決勝 文星女の伊澤がマッチポイントでスパイクを決める=日環アリーナ栃木

 栃木県高校総体は14日、宇都宮市の日環アリーナ栃木ほかで各競技を行った。バレーボール女子は宇都宮文星女が17年ぶり17度目の優勝。15連覇を狙った国学院栃木に2-0で勝った。男子は作新学院が2-0で文星芸大付を下し、4年ぶり10度目の栄冠を手にした。

 陸上は女子800メートルで長島結衣(ながしまゆい)(真岡女)が2分12秒18の大会新で連覇を飾った。バスケットボールは男女の4強が出そろい、男子は宇都宮工や文星芸大付、女子は白鴎大足利や矢板中央などが決勝リーグに進んだ。