子どもに果物を食べさせた時、「口がかゆい」と訴えることはありませんか。口腔(こうくう)アレルギー症候群という特殊型の即時型食物アレルギーかもしれません。主な原因食物は生果物や生野菜で、花粉症を持った人によく認められますが、皆症状が出る訳ではありません。最近は花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)と呼ばれています。

 症状は食べた直後から数分後に口唇や口腔粘膜、上あご、喉、耳の奥などにかゆみ、刺激感、紅斑などの症状が起こります。診断は血液検査、新鮮な食物を用いて行う皮膚プリックテストを基に行います。