決算内容を説明する足利銀行の清水頭取(左)、めぶきFGの笹島律夫社長(中央)、常陽銀行の秋野哲也頭取=13日午後、水戸市の常陽銀行本店

2022年3月期の足利銀行・常陽銀行の業績

決算内容を説明する足利銀行の清水頭取(左)、めぶきFGの笹島律夫社長(中央)、常陽銀行の秋野哲也頭取=13日午後、水戸市の常陽銀行本店 2022年3月期の足利銀行・常陽銀行の業績

 めぶきフィナンシャルグループ(FG)は13日、2022年3月期決算(連結)を発表した。傘下の足利銀行(清水和幸(しみずかずゆき)頭取)単体は、法人向けコンサルティング事業などが好調に推移し、経常利益は前期比13・3%増の225億7600万円、本業のもうけを示すコア業務純益(投信解約損益を除く)は17・0%増の347億4100万円だった。一方、前期に計上した子会社からの配当金がなくなった影響で、純利益は12・6%減の154億3500万円となった。減益は2期ぶり。

 純利益は21年5月公表の業績予想120億円に対し、28・6%の増となった。