決算内容を説明する足利銀行の清水頭取(左)、めぶきFGの笹島社長(中央)、常陽銀行の秋野頭取=13日午後、水戸市の常陽銀行本店

 めぶきフィナンシャルグループ(FG、笹島律夫(ささじまりつお)社長)は13日、2022年3月期決算(連結)を発表した。傘下の足利銀行(清水和幸(しみずかずゆき)頭取)単体は、経常利益が前期比13・3%増の225億7600万円、純利益が12・6%減の154億3500万円だった。

 コンサルティング業務などによる役務取引等利益が増加したほか、自然減による人件費などの経費が減少した。純利益の減少は、21年3月期に子会社からの配当金約41億円を計上していたことが要因という。

 清水頭取は「及第点という感覚。課題はまだまだあるが、一定の評価ができる決算となった」と振り返った。