1回戦で敗れ肩を落とす作新ナイン=6日午後1時5分、甲子園

 第100回全国高校野球選手権記念大会第2日は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦4試合を行い、8年連続(14度目)で出場した本県代表の作新は今春のセンバツ王者の大阪桐蔭(北大阪)と対戦し、1-3で敗れた。

 作新は初回、1番の横山陽樹(よこやまはるき)が左前打で出塁し、2死一、二塁の好機をつくったが、5番の磯一輝(いそかずき)が空振り三振。その後は相手主戦の柿木蓮(かきぎれん)の球威に押され、二回から八回まではわずか1安打に抑え込まれた。

 投手陣はエース高山陽成(たかやまようせい)が先発し、緩急をつけて二回までを1失点。2番手の左腕・佐取達也(さとりたつや)も七回までを被安打2、無失点と好投した。しかし、0-1で迎えた八回、適時打に失策も絡んで2失点した。

 3点を追う最終回は横山、篠田大輔(しのだだいすけ)の連打で無死一、二塁とし、4番の沖龍(おきりゅう)が右前適時打を放って意地で1点を返したが、反撃もそこまでだった。

 2年連続での初戦敗退となったが、優勝候補筆頭を相手に善戦した。小針崇宏(こばりたかひろ)監督は「選手たちは最後まで勝つことを諦めず、本気で戦ってくれた。強豪を相手に自分たちの野球を見せてくれた」と目に涙をためてねぎらった。勝った大阪桐蔭の西谷浩一(にしたにこういち)監督も「作新は粘り強く、気持ちの強さがあった。投手陣の状態が良くない中で、きっちりとロースコアのゲームにするのはさすが」と称賛した。