開幕から好調な打撃を維持している栃木GBの宇賀神=4月23日、ホーム埼玉戦より

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)の宇賀神聖(うがじんせんと)内野手(21)=宇都宮工高出=が開幕から好調だ。今季は公式戦15試合のうち13試合に出場し、規定打席未到達ながら打率3割8分2厘をマーク。過去2年で計14安打だった男がすでに13安打を放ち、存在感は日ごとに増している。「勝負の年」と位置づけた3年目、覚醒の時を迎えている。

 自身初の開幕先発メンバー入りを勝ち取った今季。地元の栃木市で行われた5日の埼玉戦ではプロ入り初の3安打をマークした。