大隈広郷氏

 政治団体の参政党は11日、夏の参院選栃木選挙区(改選数1)に新人の自営業大隈広郷(おおくまひろさと)氏(52)を公認候補として擁立すると発表した。

 同選挙区の立候補予定者は6人目で男性は初めて。大隈氏は鹿児島市出身で日光市在住。下野新聞社の取材に大隈氏は「子どもの教育は時代の実情に合っていない。自分で考える教育を実現させ、栃木から社会を良くしていきたい」と述べた。

 約15年前に県内に移住し、現在は子ども対象の教室や集客コンサルタント事業などを手掛けているという。

 同選挙区では自民党現職をはじめ、立憲民主党、日本維新の会、共産党、NHK党の新人4人が立候補を表明している。