栃木GB-新潟 先発し8回1/3を3失点と力投した栃木GBの内林=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場

1回2死二、三塁、栃木GBの葭葉の2点適時打で生還する二走・若松=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場

1回2死二、三塁、中前2点適時打を放つ栃木GBの葭葉=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場

栃木GB-新潟 先発し8回1/3を3失点と力投した栃木GBの内林=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場 1回2死二、三塁、栃木GBの葭葉の2点適時打で生還する二走・若松=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場 1回2死二、三塁、中前2点適時打を放つ栃木GBの葭葉=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は11日、新潟市のみどりと森の運動公園野球場で新潟と対戦し3-3で引き分けた。通算5勝3分け8敗で順位は南地区3位のまま。

 栃木GBは初回2死二、三塁から葭葉幸二郎(よしばこうじろう)の中前適時打で2点を先制。二回は2死三塁から宜保優(ぎぼゆう)の左越え適時二塁打で2点を追加した。

 守っては先発内林瑞貴(うちばやしみずき)が八回まで2失点に抑える力投。九回に同点適時打を浴びて降板したが、2番手の高野圭佑(たかのけいすけ)が次打者を併殺に打ち取りサヨナラ負けは阻止した。

 次戦は12日午後6時から、長野県営野球場で信濃と戦う。