斜面を彩るシラネアオイ

斜面を彩るシラネアオイ

斜面を彩るシラネアオイ

斜面を彩るシラネアオイ 斜面を彩るシラネアオイ 斜面を彩るシラネアオイ

 【日光】奥日光の日光二荒山神社中宮祠で、境内の斜面に植栽されているシラネアオイが見頃を迎えている。かれんな薄紫色の花が斜面を彩り、訪れた人たちを癒やしている。

 植栽されているのは、男体山へ続く登拝門と1合目遙拝所の中間付近。

 奥日光のシラネアオイはかつてシカの食害などで減少し、20年以上前から地元有志が植栽などの活動を実施。柵で囲って保護し、下草刈りなどの手入れを続けている。

 中宮祠によると、今年は例年よりやや早い今月3日ごろに咲き始めた。見頃は今週末までという。

 町井康祐(まちいこうすけ)中宮祠部長(47)は「旬が短く、地元の方々が大切に育てた花。ぜひ、この機会に神社へのお参りと一緒に見てほしい」と話している。

 (問)中宮祠0288・55・0017。