石坂市長(左)から花束を受け取る宇賀神選手

 【真岡】バレーボールのVリーグ1部女子、岡山シーガルズのセッター宇賀神(うがじん)みずき選手(25)=市出身=が10日、市役所へ石坂真一(いしざかしんいち)市長を表敬訪問した。

 宇賀神選手は国学院栃木高を経て、岡山に入団した。176センチの長身セッターとして活躍を続ける。2022年度バレーボール女子日本代表チームに選手登録されている。

 石坂市長から花束を受け取った宇賀神選手は「スポーツの力は人を勇気づけ、元気づけるものがある。遠い岡山の地で活動しているが、真岡市に少しでもパワーを送れるように、これからも頑張っていく」と決意を語った。

 石坂市長は「全日本でしっかりと世界に羽ばたけることを期待している」と激励した。

 宇賀神選手は今秋開催の「いちご一会とちぎ国体」に岡山県代表で出場する予定。「栃木の皆さんにも私がプレーすることで元気を与えられたらと思う」と抱負を述べた。