前半19分、ゴール前に抜け出しシュートを放つ栃木SCのFW山本

後半ロスタイム、激しく競り合いながらドリブルで攻め上がる栃木SCのFW矢野

前半19分、ゴール前に抜け出しシュートを放つ栃木SCのFW山本 後半ロスタイム、激しく競り合いながらドリブルで攻め上がる栃木SCのFW矢野

 サッカーJ2第15節は8日、各地で10試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで甲府と対戦、0-0で引き分けた。連敗を2で止め、通算成績は3勝6分け6敗、勝ち点15で19位。

 栃木SCは前節から先発を3人変更。6試合ぶりにGK川田修平(かわたしゅうへい)が入った。前半は連係の取れたプレスから攻撃につなげ、徐々に主導権を握った。19分にはFW山本廉(やまもとれん)が中央を抜け出してシュートを放ったが、惜しくもバーにはじかれた。

 後半も果敢に攻撃に出た。15分にはDFグティエレスのロングフィードにMF黒崎隼人(くろさきはやと)が反応。パスを受けた山本がシュートするが相手DFにブロックされた。その後も好機はあったが、最後までネットを揺らせず。守備は危なげなく相手を封じ、互いにスコアレスで終わった。

 栃木SCの次節は14日午後7時から、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで琉球と対戦する。