野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は7日、神奈川県の横須賀スタジアムで神奈川と戦い、2-1で逆転勝ちした。通算5勝2分け8敗で南地区3位のまま。

 栃木GBは1点を追う七回、無死一塁から佐々木斗夢(ささきとむ)の適時二塁打で同点に追い付き、土壇場の九回、佐々木が右越えに決勝本塁打を放った。

 先発の左腕大宅健介(おおやけんすけ)は7回1失点と好投。八回は田辺豪(たなべごう)、九回は高野圭佑(たかのけいすけ)がいずれも無得点に抑えた。

 次戦は11日午後6時から、新潟市のみどりと森の運動公園野球場で新潟と戦う。