濃厚な甘さと香りが人気の桜のハニーワッフル。左はチュロアイス

 焼きたてのワッフルに、冷たいバニラアイスと生クリームがジュワッと溶ける。市産蜂蜜を使った「桜のハニーワッフル」(680円)は、冷めてもカリカリ食感が続く、小腹を満たすのにぴったりなスイーツだ。

 空き店舗をリノベーションして、2017年にレンタルスペースとカフェの店としてオープンした。普段は軽食を出すカフェだが、映画の撮影やライブなど、さまざまな使い方で愛されている。

 人気のワッフルは、生地を発酵させてから焼くベルギー風。アイスが溶けて多少やわらかくなった生地に蜂蜜を絡めると、濃厚な甘さと香りが口いっぱいに広がる。甘さとの対比を生むトッピングのナッツも良いアクセント。生地のカリカリ食感が最後まで続くため重くならず、ペロリと完食だ。

 「自分がおいしいと思ったものだけを出している」と佐藤秀子(さとうひでこ)店長。こちらもお薦めという、シナモン風味のチュロスにアイスやソースを添えた「チュロアイス(550円)」もいただいた。たっぷり入ったイチゴソースの甘酸っぱさが他の食材と絶妙にマッチ。どちらもおいしく、至福のひとときを過ごした。

 ◆メモ 宇都宮市江野町9の8▽営業時間 午前10時半~午後6時半(6時ラストオーダー)▽定休日 月曜(祝日の場合は翌日)▽(問)028・688・8501