人口減少をテーマに開かれた1回目の会議

 日光市は政策の調査研究、人材育成を目的に「日光みらい研究所」を開設した。各分野から選抜した職員が研究員となり市の直面する重要課題に対峙(たいじ)、有効な施策を追求する。本年度のテーマを「転出超過の緩和」とし、4月28日に1回目のプロジェクト会議を開催。人口減少に歯止めを掛けるためのヒントを探った。

 同研究所のメンバーは企画総務、健康福祉、観光経済、建設の各部から選んだ7人の職員。9月まで毎月1回の会議を開き、10月には市長に成果を発表する。