5回、同点となる適時打を放つ栃木GBの佐々木=とちぎ木の花スタジアム

栃木GBの内林

4回、適時打を放つ佐々木栃木GBの佐々木=とちぎ木の花スタジアム

栃木GBの宇賀神

5回、同点となる適時打を放つ栃木GBの佐々木=とちぎ木の花スタジアム 栃木GBの内林 4回、適時打を放つ佐々木栃木GBの佐々木=とちぎ木の花スタジアム 栃木GBの宇賀神

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデン・ブレーブス(GB)は5日、栃木市のとちぎ木の花スタジアムで埼玉と対戦し6-4で逆転勝ちした。5試合ぶりの白星で成績は4勝2分け7敗。順位は3位のまま。

 栃木GBは打線が中盤に奮起した。0-4の四回に佐々木斗夢(ささきとむ)が三塁線を破る適時二塁打を放つなどして3点を返すと、五回は佐々木の右前適時打と代打大貫礼央(おおぬきれお)の中前適時打で勝ち越しに成功。六回も若松聖覇(わかまつせいは)の中犠飛で1点を加えリードを広げた。

 守っては、二回に味方の失策絡みで4失点した先発内林瑞貴(うちばやしみずき)が三回以降は立ち直り、六回まで一人の走者も許さず今季2勝目。七回以降は3人の継投で相手の反撃を許さなかった。

 次戦は6日午後5時から埼玉県上尾市の上尾市民球場で埼玉と対戦する。