渡良瀬川河川敷で打ち上げられたサプライズ花火

【足利】名草上町の須永花火田島煙火工場は4日夜、伊勢南町の渡良瀬川河川敷でシークレット花火を打ち上げた。午後7時から約2分間、ウクライナ国旗をイメージした青と黄色の花火など50発を打ち上げ、夜空に大輪の花を咲かせた。

 新型コロナウイルス感染拡大で「足利花火大会」が2年連続で中止となったことを受け、子どもたちに足利の花火を見てほしいと企画した。

 またロシアによる侵攻を受けているウクライナの応援と平和への願いも込めた。同工場の田島浩(たじまゆたか)代表(56)は「空に打ち上がるのはミサイルよりも花火がいい」と話していた。