家族連れと交流する(右から)葛西さん、伊藤さん、小林さん

 冬季五輪8大会出場のスキージャンプの“レジェンド”葛西紀明(かさいのりあき)さん(49)らが所属する土屋ホーム(札幌市)がファンの応援に感謝するイベントが3日、栃木県宇都宮市細谷町のCRTハウジング宇都宮西展示場内同ホームモデルハウスで開かれた。

 同社スキー部選手兼監督の葛西さん、北京冬季五輪金メダリストの小林陵侑(こばやしりょうゆう)さん(25)、同五輪混合団体出場の伊藤有希(いとうゆうき)さん(27)が参加した。同社が招待した64組の家族連れなどにサイン色紙をプレゼントしたり記念撮影したりして交流した。

 家族で訪れた富士見町、自衛官中村友(なかむらとも)さん(41)は「3人とも意外とスリムだけど、オーラがあってすごい。記念になりました」、長男の中学1年夢絃(ゆいと)さん(12)は「小林さんはかっこいいし、葛西さんは監督らしい。伊藤さんは小柄なのにすごい」と喜んでいた。

 葛西さんは「栃木県にはジャンプ台はないが、こうした交流を通してジャンプ人口が増えてくれれば」と話していた。