下野新聞社が宇都宮大の学生を対象に行ったアンケートでは、憲法9条の改正に50%が反対し、賛成を上回った。自由記述欄には戦争への強い懸念を示す声が書き込まれた一方で、改正に賛成する学生からは「防衛体制を強化すべきだ」との意見も上がった。改憲の是非を問う議論が進む中、「正しい知識を共有することが必要」との指摘もあった。

 「憲法9条は変えるべきではない。さらなる戦争の犠牲者を生み出す危険がある」。同大1年の女子学生はこう強調し、9条改正を明確に反対した。