優雅に泳ぐ「きぶなのぼり」

優雅に泳ぐ「きぶなのぼり」

優雅に泳ぐ「きぶなのぼり」 優雅に泳ぐ「きぶなのぼり」

 栃木県大田原市佐良土の県なかがわ水遊園で、疫病退散の縁起物で知られる「黄ぶな」をモデルにした「きぶなのぼり」が揚げられている。

 毎年恒例の「あゆのぼり」企画の一環。きぶなのぼりは、新型コロナウイルス感染症の終息を願い昨年から実施している。今年は事前に近くの光丸山法輪寺で護摩祈願も行った。

 きぶなのぼり10匹は、おもしろ魚館入り口近くの大池上空で、約200匹のあゆのぼりと50匹のピラルクーのぼりとともに優雅に泳いでおり、来園した家族連れを楽しませている。

 那須塩原市戸田、幼稚園年中野澤道也(のざわみちなり)ちゃん(4)は「いろんな大きさがあってすごい。魚が大好きだからうれしい」と興奮した様子。父信也(しんや)さん(31)は「数も多く迫力があって、子どもたちも喜んでくれた」と話していた。

 掲揚は6月下旬まで。