佐野市の金子裕市長は2日の定例記者会見で、ヤングケアラーの早期発見や支援のため家庭児童相談課に専門のコーディネーターを配置した、と明らかにした。