納屋などが燃えた火災現場=30日午後4時45分、宇都宮市上欠町

 宇都宮市上欠町で30日午後に牛舎が燃えた火災で、宇都宮中央署は1日、牛舎にいた牛は32頭で、全頭が発見されたと発表した。1頭が死んでいたことも判明。焼失面積は、鉄骨トタンぶき牛舎など3棟で計351平方メートルだった。

 同署によると、出火時に所有者の畜産業男性(76)が牛を避難させる際、複数頭が逃走。2頭を発見し、他に逃げた牛がいないか調べていた。

 1日午前に改めて所有していた牛を確認したところ、全32頭が確認された。

 同署で出火原因を調べている。