敵陣に攻め込むリーベ栃木のFW村田=立命館OICフィールド(チーム提供)

 ホッケー日本リーグ男子1部は30日、大阪府の立命館OICフィールドで3試合を行い、リーベ栃木は天理大に3-3で引き分けた。シュートアウト(SO)戦に敗れ、勝ち点1を獲得した。通算2勝1分け、勝ち点7で2位に順位を下げた。

 リーベは第1クオーター(Q)10分に先制を許したが、第2Q5分に獲得したペナルティーコーナー(PC)からペナルティーストローク(PS)を獲得。これをDF大橋雅貴(おおはしまさき)が決めて同点。第3Q5分はPCからFW加藤凌聖(かとうりょうせい)の得点で勝ち越した。14分にはサークル内でFW村田和麻(むらたかずま)が倒されてPSを獲得し、再び大橋が決めて突き放した。しかし第4Q6、8分に立て続けに失点し追い付かれた。SO戦は2-3だった。

 次戦は30日午前10時から、同会場で岐阜朝日クラブと対戦する。