祖父との連名で著書を出版した小暮さん=28日午後、宇都宮市内

 宇都宮市出身で、雑誌「ニューズウィーク日本版」の記者小暮聡子(こぐれさとこ)さん(41)が30日までに、亡き祖父との共著「降伏の時 元釜石捕虜収容所長から孫への遺言」を出版した。太平洋戦争後、戦犯となった祖父の手記と回想録に、アメリカ人元捕虜らへの小暮さんの取材記などを加えて1冊にまとめた。「戦争の記憶は、複眼的に見ることが大切だ」と説く。

 祖父稲木誠(いなきまこと)さんは戦時中、岩手県釜石市の捕虜収容所長だった。戦後は戦犯として捕らえられ、戦争犯罪者の収容施設「巣鴨プリズン」で約5年半拘置された。

 手記は、終戦から捕虜を引き渡すまでの約1カ月間の混乱の日々を、苦悩と共に克明に記した内容で、稲木さんが約40年前に残していた。そのタイトルが「降伏の時」だった。

 回想録「フックさんからの手紙」は、収容されていたオランダ人元捕虜から1975年に届いた手紙を機に始まった文通を基にしている。自責の念を抱えた稲木さんが、元捕虜側の記憶と照らして当時を捉え直していく経過をつづった。

 稲木さんは、小暮さんが6歳の時に亡くなった。「時に冗談を言う優しいおじいちゃん」だった。

 高校2年の夏、以前雑誌に連載された「フックさんからの手紙」を読み、稲木さんの戦争体験に触れた。「優しい祖父が悪人のように思えた。信じられない気持ちが、ずっと尾を引いた」。感じた「なぜ」が、記者となってからも小暮さんを駆り立ててきた。

 今回の著書には元捕虜が抱く戦争の苦しみをひもといたルポ、各国の元捕虜やその家族らとの交流など、これまでの取材の成果も盛り込んだ。小暮さん自身、祖父への思いと、元捕虜に対するやり場のない申し訳なさに葛藤してきた。

 著書は「戦争の記憶とは、国境を越えて複眼的に見ていくことが重要なのだろう」と結ばれている。小暮さんは「事実は一つだが、人によって真実は異なる」と強調する。A5判228ページ。2090円。書店や岩手日報社のウェブサイトから購入できる。